独島訓練 領土防衛のためあらゆる勢力を想定=韓国大統領府

独島訓練 領土防衛のためあらゆる勢力を想定=韓国大統領府

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は25日、記者会見を開き、同日に「東海領土守護訓練」との名称で独島防衛訓練を始めたことについて、「毎年定例の訓練」と述べた上で「われわれの主権や領土を守るための訓練」と説明した。

 訓練は約2カ月間延期していたが、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を延長しない方針を発表してから3日後に実施する形となった。日本に対する政治的なメッセージがあるとの指摘については、「日本だけを考えて(訓練実施の)決定をしたわけではない」として、あらゆる勢力を想定した訓練であり、特定の国を対象にし実施するものではないと説明。「気象状況などが訓練の時期などに大きな影響を与え、さまざまな事項を考慮して決めた」と述べた。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索