アフリカ豚コレラ発生 拡散防止へ管理の徹底指示=文大統領

アフリカ豚コレラ発生 拡散防止へ管理の徹底指示=文大統領

 【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日、致死率が極めて高い豚の伝染病、アフリカ豚コレラが韓国国内で初めて発生したことを受け、拡散防止に向けた初動段階での徹底した感染遮断と管理を指示した。青瓦台(大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官が会見で伝えた。

 高氏は、アフリカ豚コレラに関して農林畜産食品部が対策を発表したことを挙げ、「拡散防止のための予察に加え、消毒強化などの措置が迅速に取られている」と説明した。

 これに先立ち、金ヒョン秀(キム・ヒョンス)農林畜産食品部長官は記者会見を開き、16日午後にソウル北方の京畿道坡州市内の養豚場から母豚5頭が死んだとの届け出があり、17日朝にアフリカ豚コレラの陽性反応が確認されたと発表。発生した養豚場とその農場主が所有する2か所の農場の豚3950頭に対する殺処分措置を17日のうちに完了する予定だと説明した。全国に家畜の一時移動中止命令を出したことも伝えた。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索