韓国がISOの新理事国に 7度目=日本も支持

韓国がISOの新理事国に 7度目=日本も支持

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部の国家技術標準院は22日、国際標準化機構(ISO)の理事国に韓国が選出されたと伝えた。任期は2020年から3年。韓国が理事国を務めるのは1993年に初選出されて以来、7度目となる。

 20日まで南アフリカ共和国で開かれたISO総会で、韓国は任期満了に伴い交代する2カ国の理事国の枠を9カ国で争い、日本や中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の支持を集めて選出された。国家技術標準院の関係者は「近ごろの日本の輸出規制とは関係なしに、標準分野では日本とよく協力している」と説明した。

 ISOの理事国数は20で、米国と英国、ドイツ、フランス、日本、中国が常任理事国を務め、14カ国が総会で選出される。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索