韓国 けさのニュース(9月23日)

韓国 けさのニュース(9月23日)

◇台風17号 大雨・強風で被害続出

 朝鮮半島南を通過した台風17号により人命・建物被害が続出した。最大700ミリ以上の大雨が降り、最大瞬間風速は42.2メートルに達した。韓国には上陸しなかったが、台風は建物の一部や看板を吹き飛ばすなど猛威をふるった。23日午後に北海道付近に移動した後、消滅すると予想される。

◇韓米首脳あす会談 北非核化交渉や韓米同盟確認が焦点

 国連総会出席のため米ニューヨークを訪問した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日午後(日本時間24日午前)、トランプ米大統領と首脳会談を行う。両首脳の会談は9回目で、6月にソウルで開催して以来、約3カ月ぶり。非核化を巡る米朝の実務交渉再開の機運が生じる中、非核化の方式に関する議論が注目される。韓国青瓦台(大統領府)は今回の首脳会談を機に膠着(こうちゃく)状態に陥った米朝交渉の進展に弾みがつくと期待する。

◇ドジャース柳賢振が今季13勝目 メジャー初HRも

 米大リーグ、ドジャースの韓国人左腕、柳賢振(リュ・ヒョンジン、32)が23日(日本時間)のロッキーズ戦に先発登板し、投打で活躍して今季13勝目(5敗)を記録した。柳は7回8奪三振、3失点でクオリティースタート(6回以上を投げ自責点3以内)を達成。五回裏には13年のメジャーデビュー後初となるホームランを放ち、チームは7―4で勝利を収めた。

◇規制後2カ月 日本の対韓輸出割合増加

 日本が韓国に対して半導体・ディスプレー素材3品目の輸出規制を始めてからの2カ月間、日本の輸出先全体に占める韓国の割合はむしろ規制前より増加したことが分かった。規制対象品目の韓国への輸出は大幅に減少したが、日本からの輸出全体に占める割合が小さい上、米中貿易摩擦により日本は最大輸出国である中国への輸出が不振で、韓国は日本の輸出相手国3位を維持した。ただ、韓日間の貿易対立が深まる中で日本への観光需要が大幅に減少しているほか、日本製品の不買運動も続いており、時間が経つにつれて両国の貿易に及ぼす影響は増す見通しだ。

 ◇きょう秋分の日 全国的に曇り・一部地域で雨

 秋分の日の23日は全国的に曇りで、一部地域では朝にかけて雨が降る見通しだ。気象庁は江原道東部と慶尚北道の東海岸で5〜20ミリの雨が降るが、朝にはほとんど止むと予想した。慶尚道では午後遅くから夜の間に雨が降るとみられる。台風17号は東海上に抜け、発令されていた台風特報は午前5時現在全て解除された。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索