北朝鮮高官の談話 従来の対米要求姿勢を強化=韓国当局者

北朝鮮高官の談話 従来の対米要求姿勢を強化=韓国当局者

 【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長(朝鮮アジア太平洋平和委員長)が米国との非核化交渉の前提条件として北朝鮮への敵視政策の撤回を挙げたことについて、韓国統一部関係者は19日、「これまで強調し続けてきた『新たな計算法』への姿勢を強化したもの」との見方を示した。北朝鮮は非核化交渉の期限を年末と切りながら、米国に「新たな計算法」を要求している。

 対話期限が近づく中、北朝鮮は金英哲氏と金桂官(キム・ゲグァン)外務省顧問が相次ぎ談話を発表した。この統一部関係者は、金英哲氏の談話内容を見ると、米国に「新たな計算法」を求めるこれまでの立場と変わりはないとした。

 北朝鮮が求める「新たな計算法」とは、体制の安全の保証と北朝鮮に対する制裁の緩和・解除に要約される。

 この関係者は、敵視政策撤回の要求について「今に始まったことでなく、朝米(米朝)交渉の歴史と同じくらい非常に長い」と指摘し、「新たな計算法」という従来の立場を強化したものとの見解を示した。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る