チョ前法相巡り「対立と分裂」 文大統領が改めて謝罪

チョ前法相巡り「対立と分裂」 文大統領が改めて謝罪

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日夜に行った「国民との対話」で、娘の不正入学や家族ぐるみの不透明な投資など多数の疑惑が持たれている側近のチョ国(チョ・グク)前法務部長官を巡る問題について、「結果的に多くの国民を対立させ、分裂させたことを改めて謝罪する」と述べた。

 

 また、「だが、検察改革は必ず必要なこと」として、「改革の重要性が改めて浮き彫りになったのは幸いだと思う」と述べ、引き続き検察改革を進める考えを示した。

 その上で、「検察改革は二つ」とし、「一つは検察の政治的な独立性がしっかり確保されることだ。これまで『政治検察』のため、韓国の正義が傷ついてきたと思う」と指摘。「他方では検察の政治的な独立性が保障されるよう、検察に対する民主的な統制などが行われるべきだ」との認識を示した。

 国民との対話はMBCテレビで生放送された。応募者の中からMBCが選定した国民300人が参加した。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る