韓・ASEAN首脳会議 1万4千人で警備=韓国警察

韓・ASEAN首脳会議 1万4千人で警備=韓国警察

【釜山聯合ニュース】韓国南部・釜山で25日から韓・東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議が開かれることを受け、警察が21日、会議の会場となる展示コンベンションセンター・BEXCOに対策本部を設置し、本格的な警備を開始する。

 警察は23日から最も高いレベルの警戒態勢に入る。全国から集まった警察官1万4422人が会場や宿泊施設などで警戒にあたる。

 期間中はドローンなどを利用したテロを防ぐため、会場や宿泊施設の半径9.26キロを臨時飛行禁止区域に設定し、違反した場合は最大で200万ウォン(約19万円)の罰金が科せられる。

 警察はドローンなどを妨害電波で操縦できなくする「ジャミングガン」を装備した特殊部隊を配備し、ドローン対策の専門チームも別途運用する。

 参加国の首脳らが移動する際に行われる交通規制で、市民の不便を軽減するため警察官約1100人が会場周辺や主な交差点などに配置される予定だ。

 警察によると、2014年に韓・ASEAN特別首脳会議が開催された際には、会場周辺の交通を全面的に規制したが、今回はフレキシブルに対応するという。

 警察は25〜27日は釜山全域で10人乗り以下の乗用車などを対象に自主的な車両の2部制(ナンバーの偶数と奇数によって通行制限する交通規制)を実施する方針で、協力を呼びかけた。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る