【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は15日、高級車ブランド「ジェネシス」から初のスポーツタイプ多目的車(SUV)を発売した。高級大型SUVの「GV80」で、韓国市場でメルセデス・ベンツやBMWなどの高級輸入車ブランドの大型SUVと競合する。世界最大の自動車市場である北米地域でも今年売り出す予定だ。

 ジェネシスは同日、GV80のディーゼルモデルの発売イベントを開いた。価格は6580万ウォン(約620万円)から。ガソリンモデルも追加予定だ。

 GV80は、ウインカーを出せば車線変更をサポートし、時速20キロ以下の低速で走行中も割り込み車両に対応するレベルの自動運転性能を備える。運転者の走行傾向を車が学習し、同じように自動運転するという。

 ジェネシスはセダン3車種に続くGV80の発売で車種を増やした。年内に中型SUV「GV70」を発売し、来年までに電気自動車(EV)モデルもラインアップに追加する予定だ。