【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の金銀漢(キム・ウンハン)副報道官は15日の定例会見で、北朝鮮への個人旅行実現の可能性について、個人旅行は国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議に抵触しないとの見方を示した上で「わが国民に対する身辺の安全保障措置さえ確保されれば積極的な検討が可能だ」と述べた。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領も前日の年頭記者会見で、境界地域の協力、個人旅行、スポーツ交流などを新年の具体的な南北協力事業として挙げた。中でも個人旅行については「国際制裁に抵触しないため十分模索できる」と述べた。

 金氏は米国政府が北朝鮮への個人旅行に関連し、北朝鮮に対する「韓米の団結した対応」を強調したことについて「南北協力事業には、韓米間の協議事項があり、南北が独自に進めることができる領域があるとみられる」との見方を示した。

 韓米間の協議事項について、「国際社会の一員として、国際社会の北朝鮮制裁の枠内で韓米間の緊密な協議を進めていく。一方で、北が応じる場合には南北が独自に推進できる協力事業が少なくない」と説明した。