【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官らが15日に辞職した。高氏らは4月の国会議員総選挙に出馬する見通しだ。公職選挙法によると、今回の総選挙に出馬する公職者らは選挙期日の90日前となる今月16日までに職を退かなければならない。

 総選挙に出馬する青瓦台出身者は約60人に上るとみられ、与党「共に民主党」では青瓦台出身者への「特別扱い」を警戒する声も出ている。

 青瓦台は空席となった秘書官や報道官などの後任候補の検証作業を行い、作業が終わり次第発表する予定だ。発表までには副報道官が報道官代行を務める。

 高氏は同日、青瓦台で最後の記者会見を行い、「(大統領選から)3年間、『大統領の口』として活動したが、これからは私の所信と政治的な目標に向けて国民の口になりたい」と述べた。