【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は16日、米サンフランシスコ近郊での韓米、韓米日、韓日外相会談を終えて帰国した。仁川国際空港で報道陣から会談の成果を尋ねられ、「有益な時間だった」と答えた。


 康氏は14日(現地時間)にポンペオ米国務長官と北朝鮮問題を巡る連携策を話し合い、韓国政府の南北協力事業の構想を説明した。また、中東ホルムズ海峡への韓国軍派遣問題についても意見を交わした。


 続く韓米日外相会談でも北朝鮮核問題での3カ国の協力策や中東情勢などを協議した。


 茂木敏充外相との韓日会談では強制徴用問題や日本の対韓輸出規制問題などが取り上げられた。