【ソウル聯合ニュース】中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、北朝鮮がウイルスの流入阻止に努めている。当局は外国人の北朝鮮観光を一時中断するなど積極的な予防策を進めているようだ。

 朝鮮労働党機関紙の労働新聞は22日、感染が広がっている中国の状況と中国政府の対応を詳しく報じた。北朝鮮内に発症者がいるかどうかには言及しなかった。

 朝鮮中央テレビは前日、この肺炎の症状や感染予防策などを紹介しながら、北朝鮮当局が世界保健機関(WHO)と共に、ウイルス流入を防ぐための「全国家的事業」に取り組んでいると伝えた。

 一方、中国に事務所を置く北朝鮮専門旅行会社「ヤング・パイオニア・ツアーズ」はホームページで、北朝鮮が新型コロナウイルスによる肺炎の予防措置として「1月22日からすべての外国人観光客に対し国境を一時閉鎖する」と告知した。