【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の国内3例目の患者が確認されたことを受け、「政府は自治体と共に全力を尽くしている。政府を信じて過剰に不安がらないようお願いする」と呼びかけた。青瓦台(大統領府)が文大統領の国民向けメッセージを発表した。

 文大統領は中国の春節(旧正月)連休に伴い、訪韓中国人観光客や中国から里帰りする韓国人が多いことに言及しながら「政府は旧正月連休期間(24〜27日)も24時間体制を取っている」と新型肝炎の感染拡大防止に努めていることを強調した。

 また政府の疾病管理本部や感染者が入院している国立中央医療院に電話をかけ、対応にあたっている医療関係者らを励ましたという。