【ソウル聯合ニュース】韓国の海軍は12日、2月末にタイで始まる多国間軍事演習「コブラゴールド」について、「今年は艦艇と海兵隊の隊員は参加しない」として、「指揮所演習のため指揮官・参謀らのみが参加することを暫定決定した」と明らかにした。また、「今後、新型コロナウイルスの拡大状況などを考慮し、最終的に決める」との方針を示した。

 韓国の軍当局は当初、同演習に海兵隊の隊員ら約470人を派遣する予定だったが、新型コロナウイルスによる肺炎が東南アジアまで広がっていることを受け、派遣規模を指揮官ら約30人に縮小した。

 同演習は1982年から米太平洋軍司令部(現在のインド・太平洋司令部)とタイ軍司令部の主導で毎年実施されている。韓国軍は2010年から参加している。

 今年は今月25日から来月6日まで実施される予定で、韓国や米国、中国、日本など9カ国が参加する。