◇新型肺炎被害企業に計230億円融資へ 韓国政府

 韓国の中小ベンチャー企業部は13日から、傘下の四つの政策金融機関を通じて新型コロナウイルスによる肺炎の拡大で被害を被った企業に計2500億ウォン(約233億円)を融資すると発表した。今回の措置は、政府が12日に開いた経済活力対策会議の後に発表した中小企業と自営業者の支援策を受けたものだ。朴映宣(パク・ヨンソン)中小ベンチャー企業部長官は「必要があれば追加財源も準備し、(経済活動に)支障が出ないようにする」と述べた。

◇「パラサイト」は映画産業の「ゲームチェンジャー」 米メディア

 第92回米アカデミー賞で作品賞を含む4冠に輝いたポン・ジュノ監督の映画「パラサイト 半地下の家族」が、世界の映画産業の勢力図を塗り替える可能性があるとの分析が出ている。米芸能メディア「ハリウッド・リポーター」は12日(現地時間)、「オスカー受賞で歴史に残る『パラサイト』が世界の映画産業のゲームチェンジャーになるかもしれない」と報じた。同作について「非英語圏の映画の中で初めてアカデミー賞作品賞を受賞したことで、人々は『パラサイト』の人気に便乗しようと機会を狙っている」と指摘した。

◇朴政権高官の上告審きょう判決 保守団体を違法支援

 朴槿恵(パク・クネ)前政権で、保守団体を違法に支援したとして職権乱用罪などに問われた金淇春(キム・ギチュン)元大統領秘書室長と趙允旋(チョ・ユンソン)元青瓦台(大統領府)政務首席秘書官の上告審判決が、13日言い渡される。金被告らは2014〜16年に全国経済人連合会に圧力をかけ、政府に協力的な33の保守団体に69億ウォンを支援させたとされる。

◇全国的に曇りや雨 暖かい一日に

 13日は全国的に曇りで、江原道西南部と忠清道の内陸、南部の内陸地方では朝まで雨がぱらつきそうだ。最高気温は9〜17度で、平年より5〜7度ほど高くなる見通し。14日まで最低気温は平年より6〜10度、最高気温は3〜7度高くなり、暖かい天気が続くとみられる。粒子状物質(PM)の濃度はおおむね「普通」レベルだが、ソウル、京畿道、江原道西部、大邱は「悪い」(高い)、その他の地域は「良い」(低い)〜「普通」レベルと予想される。

◇韓国航空業界の業績悪化 今年上半期は一層厳しく

 日本製品の不買運動などで旅客需要が減少し、航空業界は予想通り19年10〜12月期と通期の業績が大幅に悪化した。今年上半期は日本旅行の自粛や香港のデモの影響から回復する前に新型コロナウイルスの感染が拡大し、さらに業績が悪化するとの見通しが出ている。証券会社のハナ金融投資の研究員は「中国の春節(旧正月)連休の延長と交通・物流の分断で製造業の操業正常化が遅れていることにより、航空貨物の需要も短期的に大幅な減少が予想される」とし、「航空旅客と貨物の需要は4月が底になる」と見通した。