◇武漢からの第1便帰国者 あす隔離生活終了「感謝しかない」

 新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・湖北省武漢市から韓国政府が派遣したチャーター機の第1便で帰国した韓国人のうち193人が、15日に2週間の隔離生活を終えて帰宅する。中部の忠清南道・牙山の公務員研修施設で過ごす、湖北省の青少年バスケットボール代表チームの監督を務めるパク・ジョンチョン氏は、帰宅を前に聯合ニュースの電話取材に対し「ありがとうございますという以上の言葉がない」と施設関係者らに感謝を伝えた。

◇THAAD配備費用 米が韓国に分担求める可能性も

 米国が来年の国防予算に最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に関する工事費4900万ドル(約53億8000万円)を編成し、韓国政府に費用を分担させる可能性を考慮してきたとの立場を明らかにした。これまでTHAADの配備費用は米国が負担することが原則とされてきたが、米国が韓国に関連費用の分担を要求した場合は論争に発展する可能性がある。

◇マスク関連の消費者相談急増 配送遅延・販売キャンセルなど

 新型コロナウイルスの感染拡大により、先月のマスク関連の消費者相談が急増したことが分かった。韓国消費者院と韓国消費者団体協議会が先月に消費者相談センターが受け付けた相談5万7641件を分析した結果、マスクなどの保健・衛生用品関連の相談は前月比153.7%増加したと発表した。主にEC(電子商取引)サイトで注文したマスクの配送遅延や販売キャンセルに関する消費者の不満が多かった。

◇日中は暖かく 首都圏でPM濃度上昇

 14日は全国的に曇りで、昼から晴れる。済州島では午前9時までに5ミリ未満の雨が降る見通し。15日まで気温は平年より4〜9度高く、南部地方を中心に最高気温が15度以上に上昇して暖かい天気となりそうだ。粒子状物質(PM)の濃度は首都圏、江原道西部、忠清道で「悪い」(高い)、その他の地域は「良い」(低い)〜「普通」と予想される。