【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの影響で韓国の主要企業の株価が下落している。韓国国内で初めて感染者が確認された1月20日からの2か月間で、主要上場企業100社の時価総額が3割吹き飛んだことが分かった。

 企業情報を分析する韓国CXO研究所が23日、20業種の上位各5社を対象に1月20日以降の株価を分析した結果を明らかにした。これら上場企業100社の時価総額は3月20日に約629兆ウォン(約55兆6300億円)と、1月20日(約895兆ウォン)からの2か月で266兆ウォンが消えた。29.7%の減少。

 世界保健機関(WHO)が世界的大流行(パンデミック)を宣言した3月12日からの8日間では12.7%減少しており、このペースが続けば今月末には600兆ウォンを切る可能性もある。

 業種別にみると、サムスン電子やSKハイニックスなどを含む電子の上位5社の時価総額が2か月で約126兆ウォン消失した。時価総額が10兆ウォン以上吹き飛んだ業種は、自動車(27兆ウォン)と金融(19兆ウォン)、石油化学(16兆ウォン)、情報通信(15兆ウォン)、金属鉄鋼(13兆ウォン)、造船(10兆ウォン)も合わせ7業種に上る。

 また、20業種すべてで株価が下落した。中でも造船・重工業(マイナス48.6%)と旅行(マイナス43.7%)、自動車(マイナス43.6%)、機械(マイナス43.5%)、金融(マイナス43.0%)、建設(マイナス42.0%)、航空・海運(マイナス42.0%)の7業種で平均下落率が40%を超えた。現代建設機械をはじめとする15社では株価が50%以上、下落した。

 CXO研究所側は「(新型コロナウイルス感染者のうち)完治者の数が治療中の患者数を上回り始めると予想される3月末から4月初めを境に、株価が下げ止まり、上昇に転じることもあり得る」との見方を示した。