【安東聯合ニュース】韓国・慶尚北道は24日、同道が管轄する独島を巡り、日本政府が不当な主張を盛り込んだ中学校教科書の検定結果を公表したことを受け、是正を求める声明を出した。

 慶尚北道は声明で、「日本は過去の過ちについて反省するどころか、未来の世代にまで誤った歴史を教えている」とし、「これは侵略の歴史を合理化し、北東アジアの平和はもちろん韓国と日本の両国間に新たな紛争の火種を作る非教育的な行為」と批判した。

 また「韓国が領土主権を持つ独島に対し、日本政府が露骨に領土的野心を表出するのは、かつての植民地の独立を否定する反歴史的な挑発行為であり、韓日両国の未来志向の関係確立を阻害する行為であることを警告する」と強調した。

 その上で、日本政府に対し、歴史の歪曲(わいきょく)をやめ、侵略の歴史に対して反省することが人類共栄の道であることを心に刻むよう促した。