【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のトランプ大統領は24日、電話で会談し、世界的な感染拡大が続く新型コロナウイルスへの対応などについて意見交換した。青瓦台(大統領府)の姜ミン碩(カン・ミンソク)報道官が伝えた。

 会談は米国側の要請で同日午後10時から23分間行われた。両首脳の電話会談は今年に入り初めて。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に対する懸念を共有するとともに、同ウイルスの克服に向けた両国間の協力について協議した。

 また、トランプ氏が米国の新型コロナウイルス対応のために韓国の医療装備の支援が可能かと質問したのに対し、文氏は「国内に余裕があれば最大限支援する」と答えた。

 トランプ氏が文氏に電話をかけ、医療装備の支援を要請したのは、韓国の防疫や医療状況に対する評価が反映されたとみられる。

 トランプ氏は韓国の新型コロナウイルス対応について「非常によくやっている」と評価した。

 また、両首脳は両国が19日に締結した通貨交換(スワップ)協定が国際金融市場の安定に寄与し、時宜にかなう措置だとの認識で一致した。東京五輪の延期問題についても意見を交換した。

 26日に予定されている主要20カ国・地域(G20)の首脳によるテレビ会議に関連し、文大統領は「防疫・経済の両面で首脳たちの団結したメッセージの発信が重要だ」との考えを示した。

 また「(新型コロナウイルスの感染拡大が)世界経済に与える否定的な影響を最小限にとどめることができるよう各国の防疫作業を阻害しない範囲内で、貿易活性化や企業関係者の活動保障など国際協力策に関する深い協議が行われることを願う」と述べた。