【ソウル聯合ニュース】日本女子ツアーで活躍している韓国人プロゴルファーの申ジエさん(31)が新型コロナウイルスの感染予防にと、6500枚のマスクを寄付した。韓国政府の中央自殺予防センターが25日、明らかにした。贈られたマスクは全国の自殺予防センターと精神健康福祉センターに送り、支援を必要とする弱者層に使ってもらう予定だという。

 申さんは自死遺族や北朝鮮脱出住民(脱北者)の子どもたちを支えようと2016年から寄付活動を行っており、今月初めにも2000枚のマスクを寄付した。