【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は米連邦準備理事会(FRB)と19日に締結した600億ドル(約6兆6600億円)の通貨交換(スワップ)協定に基づき、来週にもドル資金を調達する見通しだ。韓国銀行の幹部が25日、「週内の本契約書作成、来週中の資金供給をめどに、FRBと実務協議を進めている」と伝えた。

 通貨スワップ協定の限度額は600億ドルだが、何回かに分けて供給する。双方は主に1回目の供給額や供給方法などを話し合っている。

 韓国銀行の関係者は「1回目で相当規模を供給する計画だ。(2008年の)金融危機時の1回目の供給額を大きく上回るだろう」と話した。

 当時、韓国銀行とFRBは300億ドルの通貨スワップ協定を締結し、韓国銀行は5回にわたる入札を実施して計164億ドルを市場に供給した。1回目の供給額は40億ドルだった。

 今回調達したドル資金が来週にも韓国国内の銀行に供給されれば、新型コロナウイルスの影響による最近のドル資金の逼迫(ひっぱく)感と金融市場の不安が大きく解消されるものと市場はみている。