【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日、新型コロナウイルスの検査試薬を開発・生産するシージェン(Seegene、本社・ソウル市松坡区)を訪問し、関係者を激励するとともに現場の声に耳を傾けた。

 同社は、当局から新型コロナウイルス検査試薬の緊急使用承認を受けている。

 文大統領は同社の研究施設で検査試薬の生産・開発工程について説明を受けたほか、同社をはじめとする検査試薬メーカーのトップと現地で懇談会を開いた。

 懇談会で文大統領は、世界が注目する韓国バイオ企業のスピーディーな検査試薬開発が新型コロナウイルスを乗り越える足掛かりになったと評価し、政府、民間企業、医療従事者の迅速な対処に感謝を伝えた。また、各国から検査試薬の輸出要請があることに言及し、韓国の新型コロナウイルス検査方法の精度と技術力に対する信頼を示すものだと評価した。