【利川聯合ニュース】韓国中部・京畿道利川市で29日に起きた物流倉庫の工事現場火災について、京畿道消防災難(災害)本部は30日午前、現場での人命捜索を終了したと発表した。この火災による死者は38人、負傷者は10人だった。

 消防当局は消火活動後の29日午後から30日午前にかけて、地下2階、地上4階建ての建物内を何度も捜索し、38人の遺体を収容した。火元とみられる地下2階で18人、残りの5フロアでそれぞれ4人が見つかった。

 警察はこのうち29人の身元を指紋から特定。指紋を確認できない残り9人についてはDNA鑑定で身元を特定する方針だ。

 捜索作業が終わったことから、警察と消防、国立科学捜査研究院は現場検証を開始した。

 火災は29日午後1時半ごろに発生した。地下2階での貨物用エレベーターの設置作業と、この付近で断熱材のウレタンフォームを吹き付ける作業の途中に出火したとみられる。火は約5時間後に消し止められた。

物流倉庫の工事現場で起きた火災は多くの犠牲者を出した=(聯合ニュース)[https://youtu.be/0K89gNvECU4]