【ソウル聯合ニュース】娘の奨学金に絡む収賄罪や青瓦台(大統領府)高官時代の職権乱用罪などで在宅起訴された韓国のチョ国(チョ・グク)前法務部長官の初公判が8日、ソウル中央地裁で開かれた。この日はチョ被告による監察打ち切りを巡って審理が行われ、弁護人は「検察は監察が中断されたとしているが、中断ではなく終結だった」として起訴内容を否認した。

 チョ被告は高官らの不正を調べる立場の青瓦台民情首席秘書官だった2017年、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に近いとされる柳在洙(ユ・ジェス)釜山市前副市長に対する民情首席室特別監察班の監察の過程で重大な不正の疑いを確認したにもかかわらず、職権を乱用して監察を中断させた罪に問われている。

 弁護人はこれに対し「(チョ被告が民情首席秘書官として)柳氏についての報告を受け、不正に相応する人事措置を取るよう指示したのが全てだ」と述べ、監察は終結されたと主張した。