【ソウル聯合ニュース】韓国で7月1日から、コンビニエンスストア大手のCUやセブンイレブン、イーマート24が一斉に飛沫(ひまつ)防止用マスクの販売を開始する。

 新型コロナウイルス感染が続く中、飛沫防止用マスクは通気性が良く、夏に向けて需要が増えている。

 CUは7月1日から、全国1万4000店舗で飛沫防止用マスクを購入制限なしで販売する。1袋5枚入りで、1枚当たりの価格は600ウォン(54円)。

 セブンイレブンも全店舗で、同じく購入制限を設けずに販売する。複数メーカーの商品を取り扱う予定だ。イーマート24も同日から全国の店舗で順次販売を開始する。