【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部は5日、首都圏と中部で1日から降り続く豪雨により、5日午前6時までに計15人の死亡が確認され、11人が行方不明になっていると発表した。前日の4日に行方不明者のうち3人の遺体が見つかった。

 被災者は増え続け、5日の時点で983世帯の1587人に上った。地域別には忠清北道が621人、忠清南道が463人、京畿道が408人、江原道が90人など。このうち705世帯の1146人は今も親戚・知人の家や体育館、公共施設などに避難している。

 また、これまでに4281棟の建物・施設の被害が報告された。住宅1273棟をはじめ、畜舎・倉庫705棟、ビニールハウス148棟などが浸水したり土砂が流入したりした。このうち55.4%は応急復旧を終えた。

 農耕地の被害は6525ヘクタール。冠水が6128ヘクタール、土壌流出・土砂流入が397ヘクタールとなっている。

 インフラをみると、道路・橋で936件、河川関連で347件、鉄道で43件の被害があった。山崩れ(277件)、街路樹の倒壊など(159件)が起き、上下水道(84件)、貯水池・排水路(27件)にも被害が及んだ。

 一方、漢江にかかるソウルの潜水橋をはじめ、忠清北道や京畿道などを含めた37か所の道路が通行止めになっている。忠清道や江原道を走る忠北線や中央線、太白線など鉄道6路線は一部またはすべてで運転を見合わせている。

 消防当局は各地の住民を救助したり避難させたりする一方で、給排水支援や住宅の安全措置、道路復旧などに取り組んでいる。