【ソウル聯合ニュース】北朝鮮軍が海上で韓国人男性を射殺し、遺体を燃やした問題で、韓国与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表は24日、「非武装の民間人に意図的な銃撃を加え、遺体を燃やした行為はいかなる理由でも容認できない蛮行」として、「強い遺憾」を表明した。

 同党によると、李氏は「今回の事件は南北の首脳が合意した『板門店宣言』と『平壌共同宣言』の精神に反し、南北関係の発展と朝鮮半島の恒久的な平和定着を期待する国民の期待を裏切る行為」と批判。「わが党は北のこうした蛮行を強く糾弾し、反人倫的な行為に対する謝罪と責任者の処罰を強く求める」と述べた。

 韓国軍に対しては、「北に接する境界(地域)で国民が脅かされることがないよう強力な対策を立てることを望む」と述べた。