【ソウル聯合ニュース】韓国与党「共に民主党」の金太年(キム・テニョン)院内代表は25日、「韓日関係の未来志向的発展のために韓日首脳会談を含むハイレベル対話交流の活性化を提案する」と表明した。

 

 金氏はこの日、最高委員会議で「(韓日)両国は歴史問題を解決し、未来に進まなければならない宿命的課題がある。この問題を解くためにハイレベル対話と意思疎通が必要だ」と述べた。

 前日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領と菅義偉首相が初の電話会談を行ったことに関しては「韓日関係の未来志向的発展の意志を確認した」と評価した。

 また、国会レベルでも議員外交によって韓日間の意思疎通に寄与するとし、韓日議員外交と対話が早期に実現するよう推進するとの考えを示した。