【東京聯合ニュース】日本の海上保安庁の第10管区海上保安本部(鹿児島)は21日、鹿児島県・奄美大島西方約300キロの日本の排他的経済水域(EEZ)で許可を受けずに操業したとして、韓国漁船の韓国人船長を漁業主権法違反の容疑で現行犯逮捕した。同本部の関係者が22日、聯合ニュースの取材に明らかにした。

 逮捕された場所は、韓国南部の済州島から南に数百キロ離れた東シナ海の海上と推定される。逮捕された際、漁船には船長のほか韓国人やベトナム人ら8人が乗っていた。

 福岡の韓国総領事館の関係者は聯合ニュースに対し、この漁船も拿捕(だほ)されており、船長側が日本側に担保金600万円を支払えば釈放される見通しだと伝えた。