【ソウル聯合ニュース】韓国大手書店の教保文庫が22日に発表した1月第3週の総合ベストセラーランキングで、株式投資初心者向けの書籍「チュリニ(株式と子どもを組み合わせた造語で株式投資初心者を指す)が一番知りたい最多質問TOP77」が初登場1位を記録した。

 著者のヨム・スンファン氏は証券会社の部長で、動画投稿サイト「ユーチューブ」の経済関連チャンネルに出演して注目を集めた。書籍の購入者をみると、女性が53.5%、男性が46.5%を占めた。年齢層別には30代(30.0%)が最も多く、40代(28.5%)、50代(20.9%)の順。

 また、投資と資産管理の方法を案内する書籍が13位に初登場するなど、トップ20のうち11冊を経済・ビジネス書が占めた。

 新型コロナウイルス禍で韓国経済と雇用の冷え込みが続く中、株式投資に関心を向ける人が増えている。