【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は28日、英製薬大手アストラゼネカのワクチン接種後の異常反応が27日に96件報告されたと明らかにした。ワクチン接種が始まった26日(15件)に比べ大きく増えた。ただ、症状は頭痛や発熱、吐き気、嘔吐など一般的な予防接種後にあらわれる軽微なものだった。

 米製薬大手ファイザーのワクチンによる異常反応も1件報告されたが、これも症状は軽微だった。

 ワクチン接種開始から2日間で報告された異常反応は計112件となった。ただ、ほとんどが軽微なもので、重いアレルギー反応のアナフィラキシー症状の報告はない。

 韓国では26日から全国の療養型医療施設の65歳未満の入院・入所者、従事者を対象にアストラゼネカのワクチン接種が、27日から病院従事者を対象にファイザーのワクチン接種が始まった。