【ソウル聯合ニュース】韓国政府は3日、新型コロナウイルスのワクチン接種後の死亡例が初めて報告されたことに関し、調査を実施して接種との関連性を確認する方針だと明らかにした。

 

 疾病管理庁によると、療養型病院に入院していた50代と60代の男性患者2人が英製薬大手アストラゼネカのワクチンの接種を受けた後、3日午前に死亡した。

 同庁の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)庁長はこの日の会見で、死者が発生した自治体と共同で疫学調査を行い、接種との関連性を確認する計画だと述べた。

 具体的には、ワクチンの製品自体の異常の有無を確認するために同一の製造番号のワクチンで接種を受けた人に副反応が出ていないかを調査するほか、接種方法に誤りがなかったかを確認するため、同じ医療機関内で接種を受けた人の副反応の有無も確認する。

 また、どのような症状や検査所見があったのか、死亡に至った原因が他の要因で説明できるかなどを臨床的に調査した上で関連性について判断するという。

 ただ初めて導入されたワクチンであることから、因果関係を確認するのは容易ではないとの見方も出ている。

 接種開始から5日で初の死亡例が報告されたことで、ワクチンの安全性を巡って論争が起こることも懸念される。

 鄭氏は、世界各国でも接種後に基礎疾患のある患者や他の原因による死者が多数報告されたが、調査の結果、現在使用されている米ファイザーやアストラゼネカのワクチンによる死亡と確認された例はないとして、「過度な不安感を抱いて接種を避けないでほしい」と強調した。

 疾病管理庁によると、英国ではファイザーとアストラゼネカのワクチン接種後に402人の死亡例が報告され、ドイツでも113人が死亡したと報告されたが、このうちワクチンの接種と関連がある例は確認されていない。