映画『火花』試写会で、菅田将暉、桐谷健太、二丁拳銃・修士らが火花散るコンビ愛対決

映画『火花』試写会で、菅田将暉、桐谷健太、二丁拳銃・修士らが火花散るコンビ愛対決

11月20日(月)に行われた映画『火花』の特別試写会に、劇中で漫才コンビ"スパークス"を組む菅田将暉と川谷修士(二丁拳銃)、漫才コンビ"あほんだら"を組む桐谷健太と三浦誠己が登壇。お互いのコンビ愛を確かめるべくガチンコ3番勝負に挑みました。
20171121131931-04a57aa7f4602750bb412983e76501f134d1c73c.jpg
売れない若手芸人と天才肌の先輩芸人との魂の交流の軌跡を描き、芥川賞を受賞した又吉直樹のベストセラー小説『火花』を、芸人であり映画監督でもある板尾創路により映画化。売れない芸人「徳永」を菅田将暉、徳永が師として仰ぐ先輩「神谷」を桐谷健太、ヒロイン「真樹」を木村文乃と豪華キャストが集結。そして徳永と漫才コンビ"スパークス"を組む「山下」を川谷修士(二丁拳銃)、神谷と漫才コンビ"あほんだら"を組む「大林」を元芸人の三浦誠己が演じ、本格的な漫才シーンにも注目が集まります。
最初に"スパークス"の菅田将暉と川谷修士が「はい〜ど〜も〜、スパークスです」と漫才コンビらしく登場。菅田が今までやったことのないスパークスのポーズを披露して笑いを誘い挨拶が終わったと思ったところで、突然、菅田が役の徳永になりきり「山下〜テレビ買いたいねん」と漫才を始めます。修士は「えっ?漫才やんの?」と驚きながらも受けて立ち、劇中でも披露した漫才をガッツリと繰り広げました。続いての"あほんだら"は、なぜか三浦誠己だけが登場。桐谷健太は強い風に必死で立ち向かうようにもがきながらステージに現れ、ようやく2人そろったところで自己紹介し、「以上です」とシンプルな挨拶を。会場から漫才リクエストの声と拍手が沸き起こるものの、"あほんだら"の漫才は複雑で長いため、時間の都合上、本題のトークに進むことに。
20171121131112-f708aa211694b1c0f3981f79429ed902fc1c17d4.jpg

20171121131105-8d658a55431f8dc63b2883433b38a512012ccecc.jpg

20171121131019-afefdeec178a3933bb09bb1bd2e1ad76e6891a0b.jpg
まずは、お互いのコンビの印象を。後輩の"スパークス"は、先輩の"あほんだら"に対し、「ホンマに兄さんなんですよ。僕43歳で、桐谷さん37歳で、僕の方が先輩なのに、カメラ回ってないとこも兄さんなんですよ。だから撮影の時も兄さんとしてできましたね」(修士)、「かっこいいですよね。漫才中も僕らはスーツ着てやりますけど、2人ともスカジャンにジーパンで、ちょっとアウトローな。普段からそんな感じ」(菅田)。一方、あほんだらはスパークスに対し「真面目なコンビ」(三浦)、「さっきも袖でずっと漫才の練習してた」(桐谷)と、まずは先ほどの漫才披露の裏側を暴露。さらに「フレッシュに見えましたね。修士さんも年下に見えた。ただ若干、肌の質感が違う」(桐谷)と続け、会場を笑わせました。
20171121131442-0eace0405db217ca7a7d2e5f043c306147f8cb2d.jpg
続いて、お互いのコンビ愛を確かめる3番勝負を。1番目の「どっちが相方のことをわかっているか対決」では、相方の一番欲しいものを予想して当てる勝負を。スパークスは、菅田が修士の欲しいものを「薬用のリップクリーム」と予想。菅田が「修士さんは他の人よりだいぶ増し増しなので」と唇をいじると、桐谷も「2回塗ったらなくなるんでしたっけ?」と便乗し、「いや、なくなるか!」と修士のツッコミが炸裂。正解は「例のジャケット」で、「俺が一番欲しいものこれやんか!」と修士が責めると、菅田は「あ〜そうだ〜。修士さんの顔思い浮かべたら唇しか出てこなかった」と笑いを交えながらも無念の表情を。修士が服作りが趣味の菅田に服を作ってもらうようお願いし、採寸して生地も選んで、あとは縫うだけの状態であることを明かしました。対する、あほんだらは、桐谷が三浦の欲しいものを「胸囲」と予想し、芸人時代の異名が"鬼軍曹"だった三浦に「今だいぶまろやかになてきて、ちょっと線も細くなってきたから、もう一回、胸囲を増やして欲しいという思いも込めて」と、しっかりとした理由も。ところが、フリップの大きく太い文字がインパクトが強すぎ、内容よりも文字に話題が集中。そんなイジリにも負けず、「うれしいね。俺のことホンマに分かってくれてる」と三浦が正解フリップを見せると、「auのCM」という桐谷にも負けぬ大きく太い文字が。会場大爆笑の中、三浦は「浦島太郎が乗ってるウミガメやりますので。そのために胸囲をつけます」とアピールしました。結果は、字の太さに思いがこもっていたという理由であほんだらの勝利。
20171121131334-f20efd29ce9959d087743dfaa86fa2341a03b587.jpg

20171121131327-6d031e23afe890fcf19f3b00c4f451d8c4c97ee6.jpg

20171121131318-c6cb58791142a00b8eb17813263a5a0031a5ba71.jpg

20171121131313-d15f72a6f21c79c953699f2aa523c79042dea94c.jpg

20171121131305-af76ae83dc29f8735f65925706080e6e16211697.jpg
2番目の「相方探し対決」では、修士と三浦が客席のどこかに座り、菅田と桐谷が相方を探すという勝負を。菅田と桐谷が客席内を歩くとキャーという歓声が沸き起こり会場は大興奮。結果は、スパークスの勝利。桐谷は「みんなが手をわーって伸ばしてくれるからタッチしようと思って手のばしたら、何人かは手を引っ込めて。ああ〜菅田ファンね」と悲しい表情で語り、会場を笑わせました。
20171121131520-c9d2dc7f4c8816a8a92f47861d94ab19e9d68be2.jpg

20171121131513-c6e3bc313a29e86e1514d278ec7f59c5220f0575.jpg
1対1で迎えた3番目の「相性診断対決」では、10の質問にYES、NOで答え、コンビの相性を診断。「親友とその彼女の3人での食事では、自分の食べたいものは気兼ねせず頼む」「約束をドタキャンする場合、言い訳せず"行きたくなくなった"と言える」という質問では桐谷だけがYESで「自分は食べたいもの頼んで、みんなも食べたいもの頼んだらええがな」「行きたくないなら、ちゃんと正直に言わんと」とさっぱりした性格が垣間見え、「少しでも未読メールがあると落ち着かない」という質問では修士だけがYESで「バッジ(既読のマークのことを修士はこう呼んでいる)とか全部消す」と意外に繊細な一面が、「自分より立場が上の人の成功を聞くほど、悔しく感じて奮い立つ」という質問では菅田がYESと答え「先輩のかっこいい姿を見ると、差あけられたな」と心情を告白するなど、それぞれの知られざる性格が明らかになり盛り上がります。結果、芸人としては菅田、修士、三浦は"雛壇後列ボケタイプ"、桐谷は"正統派しゃべくり漫才つっこみタイプ"となり、コンビの相性はスパークスが90、あほんだらが20で、スパークスの圧勝。喜ぶスパークスに対し、三浦が「コンビはこの方がいい。あんまり相性が合わない方がお互いを高め合っていく」とコメントすると「確かに」と桐谷も納得。13年前、三浦が芸人から役者に転身した時に映画で共演したことがあり、当時のチンピラ丸出しだった三浦に怖い印象が強かったという桐谷は「今回、相方あいつや、うわー思うて」と最初は戸惑ったことを告白。「でも、稽古を始めてみると、大好きになりました。30分しか稽古時間ない時でも来てくれるんですよ」とコンビ愛を明かし、会場からの大きな拍手で試写会を締めくくりました。映画『火花』は11月23日(木・祝)公開。
20171121131755-acce8591dfa9480f8073243e16660876c8945d48.jpg

20171121131855-bc910589b4d79de5f6d94a1030f28f07b9899787.jpg

20171121131628-ad47f65ab7357870c7bf5fc64e8e1de4d90e2163.jpg

20171121131622-c1711f58a5ed9c8dd2ad90cb9a970b4008558ac6.jpg

20171121131616-099e198b4f83658a05907c5eb15b713e52fa904f.jpg


【川谷修二】【二丁拳銃】【板尾創路】

関連記事

よしもとニュースセンターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索