文字サイズ
× 閉じる

米GDP3.5%減 11年ぶりマイナス

米GDP、74年ぶりマイナス幅 3.5%減、コロナ感染拡大響く

共同通信

 【ワシントン共同】米商務省が28日発表した2020年の実質国内総生産(GDP)速報値は、新型コロナウイルスの感染拡大が響き、前年比3.5%減だった。リーマン・ショック後に2.5%減を記録した09年以来、11年ぶりのマイナス成長に転落。減少幅は第2次世界大戦後の1946年に11.6%減に陥って以来、74年ぶりの大きさとなった。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る