山岳遭難 Bluetoothで救出進化へ

山岳遭難者の救出活動、ブルートゥースで進化する

ニュースイッチ

 ヤマップ(福岡市博多区、春山慶彦社長、092・710・5511)は、スマートフォンを持つ登山者がすれ違う度に位置情報を交換し、遭難時の速やかな救出につなげるサービスを開発した。近距離無線通信「ブルートゥース」を活用するため、電波が届かない場所でもスマホ同士で位置情報の送受信が可能。通信エリアに入るとネット上にデータを自動送信する。家族は専用画面で登山者の位置を確認できる。2019年5月に提供する予定。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-