公取協の理事人選に疑問の声

公取協、理事の人選に疑問の声 セブン、関電役員が就任

 セブン&アイ・ホールディングスや関西電力の役員が、独禁法の啓発や企業の法令順守を支援する公益財団法人「公正取引協会」(東京)理事を務めていることに疑問の声が上がっている。セブンは傘下コンビニで発覚した社員の無断発注が独禁法違反に当たるとの指摘があり、関電は約3億2千万円相当の金品を役員らが受領していた問題があったためだ。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る