海外で疑惑の土地取得?通販大手

モルディブ開発の違法性指摘 通販大手「正当に取得」

 【ニューデリー共同】世界の組織犯罪や汚職の調査報道を行う組織OCCRPは19日までに、インド洋の島国モルディブのリゾート開発に関する汚職疑惑を報じ、日本のカタログ通販大手ベルーナ(埼玉県上尾市)が「ウェスティン」ブランドでリゾートホテルを展開する予定の土地も疑惑の一つに含まれていると伝えた。ベルーナが現地合弁会社を通じ行った借地契約が違法だった可能性があると指摘している。

続きを読む

関連ニュースをもっと見る

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-