民泊、新法で撤退ビジネスも活況

1兆3千億円市場「民泊」に新法で「やめる人」「もぐる人」 撤退ビジネスも活況

デイリー新潮

1兆3千億円市場「民泊」に新法で「やめる人」「もぐる人」――吉松こころ(下)

 潜在的な市場規模が、実に1兆3121億円まで拡大するとの試算もある民泊ビジネス(情報通信総合研究所調べ)。だが拡大にともなうトラブルは後を絶たず、昨年7月には宿泊客を暴行したとして、ホストが準強制性交未遂罪で起訴される事件が起きている。さらには、民泊禁止マンションの管理組合が、経営を続けた部屋の所有者と仲介業者に3千万円を超える損害賠償を求める裁判を起こすケースも。6月15日の新ルール登場で、日本の民泊はどうなるのか。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-