米加 石油減産合意へ圧力検討か

米カナダ、石油減産の合意へ圧力 ロシアとサウジに制裁関税検討

 【ロンドン、ワシントン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国による連合体「OPECプラス」を主導するサウジアラビアとロシアが原油協調減産の再開で早期に合意できない場合、両国から輸入する石油に対し、米国とカナダが制裁関税の導入を検討していることが4日、明らかになった。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)電子版が報じた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る