新型肺炎 景気後退リスク高まる

新型肺炎流行で日本の景気後退リスクが高まる 歴史を振り返れば感染症流行はあなどれない

東洋経済オンライン

2019年12月に中国の武漢で発生した新型コロナウィルスによる肺炎は、2020年に入って感染が急速に拡大している。中国政府は武漢などで交通を制限し、国内・国外の団体旅行も禁止するという思い切った措置を取った。だが、すでに春節(旧正月)のために多くの人々が中国国内や海外に移動しており、世界各地で患者が確認されている。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る