尼崎脱線の車両保存へ JR西方針

尼崎脱線、車両を研修施設で保存 JR西方針、安全教育に活用

共同通信

 2005年4月に乗客106人が死亡した尼崎JR脱線事故で、JR西日本が事故車両について、大阪府吹田市の社員研修施設を拡張して保存する方針を固めたことが9日、分かった。事故の風化防止や社員の安全教育に活用する目的で、16、17両日に兵庫県伊丹市で開く会合で遺族らに説明する。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る