電力先物が試験上場 東商取

電力先物が試験上場、東商 料金の安定化期待

共同通信

 東京商品取引所は17日、電気料金の将来の価格を予測して事業者間で売買する電力先物を試験上場し、取引を開始した。電力は天候によって需給が大きく変動するため価格変動のリスクが大きい。新電力などが電力先物の取引を活用して変動リスクを回避できるようになれば、消費者にとって電気料金の安定化につながることが期待される。東商取は3年間の試験上場中に取引実績を積み上げ、本上場への移行を目指す考えだ。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索