秋田新幹線20年 地域格差広がる

<こまち光と影>実現へ広がる温度差

河北新報

 秋田新幹線が22日、開業20周年を迎える。「こまち」の愛称で親しまれる列車は延べ約4400万人の乗客を運び、秋田県の交流人口の増加に貢献してきた。半面、集客効果は沿線にとどまり、県内の地域間格差は広がった。北海道、北陸など新幹線の相次ぐ開業で激しい競争にさらされる中、「はたち」になったこまちと地域の課題を探る。(秋田総局・藤沢和久)

続きを読む

Wikipediaで調べてみる

ニュースをもっと見る

開業1年迎える北海道新幹線、道南で開業効果ありと

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

dメニュー関連コーナー

経済の主要なニュース

経済の主要なニュース一覧を見る

22時52分更新

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る
-