日本の水産物認証 国際規格に

日本の水産物認証、国際規格に 資源保護で輸出拡大へ

共同通信

 水産庁は13日、資源や環境の保護に積極的に取り組む漁業者や養殖業者を認証する日本独自の水産規格「マリン・エコラベル・ジャパン(MEL)」が国際規格として認められたと発表した。こうした規格は欧米の流通チェーンなどが食材を調達する際の基準の一つともなっており、国際的な“お墨付き”を得たことで国産水産物の輸出拡大を目指す。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る