新型肺炎に警戒感 円相場急騰

一時1ドル108円台後半に急騰 新型肺炎の感染拡大に警戒感

 週明け27日午前の東京外国為替市場の円相場は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に警戒感が広がり、一時1ドル=108円台後半に急騰した。今月8日以来の円高ドル安水準。対ユーロでも約2カ月ぶりに1ユーロ=119円台後半まで買われる場面があった。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る