ハイボール 輸入ウイスキー拡大

ハイボール人気、次の一手 「国産」ではなく「輸入ウイスキー」が急拡大するワケ

フジサンケイビジネスアイ

 気軽に飲めるアルコールの一つとしてすっかり定着した「ハイボール」のビジネスに“異変”が起きている。サントリーやキリンなど業界大手の間で、「輸入ウイスキー」や「樽(たる)詰め」のハイボールへの注力が加速しているのだ。コンビニエンスストアにも並ぶ「ジムビーム ハイボール缶」(サントリースピリッツ、2016年4月発売)は、その一例だ。変化の裏には、ビールや焼酎といった他の酒とは異なるウイスキー独特の事情に加え、昨今の雇用情勢も作用している。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-