文字サイズ

印刷で作れる歪みセンサーを開発

筋肉の伸縮を数値化。印刷で作れるフレキシブル歪みセンサーの仕組み【動画あり】

ニュースイッチ

産業技術総合研究所人間拡張研究センターの金沢周介主任研究員は、印刷で作れるフレキシブル歪みセンサーを開発した。樹脂を工夫し、計測値が変動するドリフト現象を抑えた。市販の歪みセンサーに比べドリフトを10分の1にした。曲率を測り筋肉の伸縮などを数値化できる。手袋や膝サポーターなど、身に付けるウエアラブルセンサーとして提案していく。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る