文字サイズ
× 閉じる

歌詞に「君」あゆもたらした革命

ドラマ「M」最終回 小室哲哉は「あなた」、浜崎あゆみは「君」……90年代ギャルにアユの歌詞がウケた理由

 悔しいがお見事としか――。ドラマ『M 愛すべき人がいて』。小説「M」が出て、これまたドラマ化されるというニュースが流れた時、誰が祭りになることを予想しただろう。少なくとも私はコケると思っていた。ところが結果、ドベタなほどのサクセス&ドリーミンなセリフの数々に、コロナ自粛期間のブルーな気持ちがどれだけ助けられたか。「アユ、俺を信じろ!」と叫ぶ三浦翔平演じるマサに「私も信じる信じる!」とテレビに向かって連呼したのも一度や二度ではない。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る