文字サイズ
× 閉じる

7度目で直木賞 馳星周氏が喜び

馳星周氏 初候補から23年、7度目ノミネートで直木賞に率直な思い「一生懸命向き合ってきたのが評価された」

ORICON NEWS

 日本文学振興会は15日、『第163回芥川龍之介賞・直木三十五賞』の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、馳星周氏(55)の『少年と犬』(文藝春秋)が直木賞に輝いた。1997年のデビュー作『不夜城』での初候補入り以来23年、7回目ノミネートでついに受賞を果たした馳氏だが、生まれ故郷の北海道・浦河町からリモートで喜びの声を届けた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る