文字サイズ

42年前の朝ドラに震え上がる声

42年前の朝ドラ「マー姉ちゃん」での藤田弓子の怪演が話題 再放送で震え上がる視聴者が続出「朗らかな狂気」「なかなかの毒親」

まいどなニュース

娘の前で、母が平然と言う。
「うちのお金が終わってしまったの」
「蓄えがもうみんな終わってしまったの」
唖然とする娘。母は澄んだ目で微笑みながら畳み掛ける。
「何もそんなに深刻になることないでしょ」
「明日のことは思い煩うことなかれ、でしょ」

1979年のNHK連続テレビ小説「マー姉ちゃん」が2021年9月からBSで再放送されているのだが、42年の時を経て、藤田弓子さんの強烈なキャラクターに震撼する人が続出している。原作は長谷川町子の「サザエさん うちあけ話」で、脚本は後に「3年B組金八先生」などを手掛ける小山内美江子さん。藤田さんは、磯野マリ子(熊谷真実)、マチ子(田中裕子)、ヨウ子(平塚磨紀→早川里美)という3姉妹の母親・はるを演じている。夫を亡くした後、娘たちを抱えて豪快に人生を切り開いていく女性で、かつ、熱心なクリスチャンという設定だ。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る